IEEE802

  • ページ: まとめ
  • カテゴリ: DD
  • 投稿日: 2007-03-26 (月) 07:49:31

まとめ

  • IEEE802.2
    • 論理リンク制御副層のプロトコルにおいて,論理リンク制御ヘッダの中の制御情報に送受信順序番号を持たず,データリンクの設定,切断等を通知するフレームは,フレームである。
  • IEEE802.3
    • 10BASE−TのLANにおいて,伝送媒体としてUTP(非シールドツイストペアケーブル)を用いて各端末とリピータハブを接続するときの論理トポロジーはバス型である。
    • CSMA/CD方式では,あるノードがデータを送信中に,他のノードからのデータとの衝突が検出されると,衝突を検出したノードは,ジャム信号を送出する。
    • CSMA/CDをバス型ネットワーク構成のLANで用いるとき,フレームを送信した端末は,送信したフレームに,伝送路上で衝突(コリジョン)が発生したことを伝送路上の電圧の異常値などによって検出している。
  • IEEE802.3z(ギガビットイーサネット)
    • 1000BASE−LXは,シングルモード光ファィバで,長波長レーザを使用するギガビットイーサネットである。
    • 1000BASE−SXは,シングルモード光ファィバで,長波長レーザを使用するギガビットイーサネットである。
    • 1000BASE−Xのオートネゴシエーション機能は,同じ方式間(SX同士,LX同士など)だけを自動的に認識する機能を持ち,動作モードを自動設定する。
    • 1000BASE−Xのオートネゴシエーション機能は,同じ方式間(SX同士,LX同士など)だけでなく,他イーサネット方式を自動的に認識する機能を持ち,動作モードを自動設定する。
  • IEEE802.3ae(10ギガビットイーサネット)
    • 衝突検出機能のCSMA/CD方式はサポートされておらず,全二重通信のみを行う。
    • 10GBASE−LX4は,1.31μm 帯の4波を光波長多重化して伝送する規格であり,LAN用の物理層として,シングルモード光ファイバのみが使用され,マルチモード光ファイバは使用されない。
  • IEEE802.11(無線LAN)
    • 2.4GHz帯のISM(Industrial, Scientificand Medical)バンドを使用する無線LANで,スペクトル拡散変調方式が用いられる理由の一つに,電子レンジや各種のISM機器など,他のシステムとの干渉を避けることがある。
    • 有線LANでは,データの送信中でも衝突が検知できるCSMA/CD方式を採用しているが,無線LANでは,データが無線上で衝突しても検知が困難であるため,衝突があったかどうかをACKの応答の有無により確認して,衝突を回避するCSMA/CA方式が採用されている。

出題







e-Words
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新 リンク元   ヘルプ   最終更新のフィード
Last-modified: 2010-02-25 Thu 22:55:48 JST (3579d)
Valid XHTML 1.1