端末機器の接続不良などの故障を避けるための留意点

(3) ISDN基本ユーザ・網インタフェースでのバス配線工事時における端末機器の接続不良などの故障を避けるための留意点について述べた次の二つの記述は,(ウ*1) 。

  1. ポイント・ツー・マルチポイント配線構成でのバス配線においては,ポイント・ツー・マルチポイントデータリンク対応の端末機器を接続することができる。
  2. バス配線工事において,複数のモジュラジャック及び複数の端末設備が接続され,始端のモジュラジャックから終端のモジュラジャックまでの配線距離が50メートルを超える配線構成は,短距離バス配線といわれる。
  1. Aのみ正しい
  2. Bのみ正しい
  3. AもBも正しい
  4. AもBも正しくない

メモ

同一問題出題

参考

コメント






e-Words

*1 ウ:3
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新 リンク元   ヘルプ   最終更新のフィード
Last-modified: 2010-02-25 Thu 22:55:21 JST (3649d)
Valid XHTML 1.1