ISDN基本ユーザ・網インタフェースにおけるNT1

(1) ISDN基本ユーザ・網インタフェースにおけるNT1について述べた次の記述のうち,正しいものは,(ア*1) である。

  1. TTC標準では,エコーキャンセラー方式を標準方式としている。
  2. 網同期の機能を持っている。
  3. レイヤ1〜3のプロトコル処理を行っている。
  4. 具体的な装置としてPABXなどが相当する。
  5. Xシリーズの端末を接続するときは,インタフェース変換を行っている。

ISDNサービス

(2) ISDNサービスのうち,(イ*2) サービスは,ユーザ・網インタフェースで低位のレイヤ1〜3のみの標準化されたサービスであり,網は,透過的(トランスペアレント)な情報転送手段を提供する。

  1. テレ
  2. メール
  3. ベアラ
  4. MHS
  5. HLF

ISDN一次群速度ユーザ・網インタフェース

(3) ISDN一次群速度ユーザ・網インタフェースでは,1フレーム(193ビット)を24個集めてマルチフレームを構成していることから,24個のFビットを活用することができる。このFビットは,フレーム同期信号,(ウ*3) ,リモートアラーム表示などに使用されている。

  1. CRCビット誤り検出
  2. 複数加入者番号表示
  3. サブアドレス表示
  4. 発呼検出

ISDN基本ユーザ・網インタフェースにおける確認形情報転送手順

(4) ISDN基本ユーザ・網インタフェースにおける確認形情報転送手順について述べた次の記述のうち,誤っているものは,(エ*4) である。

  1. ポイント・ツー・ポイントリンクを使って通信が行われる。
  2. モジュロ128の順序番号を用いた送達確認が行われる。
  3. データ伝送でフレームの流量を制御するときは,フロー制御が行われる。
  4. ユーザ情報は情報フレームで伝送される。
  5. 情報転送時にフレームのTEIの値は,127に設定されている。

ISDN基本ユーザ・網インタフェースの回線交換方式

(5) ISDN基本ユーザ・網インタフェースの回線交換方式において,通信を中断し,端末を別のジャックに,一定時間以内に移動する場合などに用いられる中断/再開手順について述べた次の二つの記述は,(オ*5) 。

  1. 中断時には,中断呼がそれまで使っていたBチャネルは,開放される。
  2. 再開時には,中断時にそれまで使っていた呼番号が再付与される。
  1. Aのみ正しい
  2. Bのみ正しい
  3. AもBも正しい
  4. AもBも正しくない






e-Words

*1 ア:2
*2 イ:3
*3 ウ:1
*4 エ:5
*5 オ:4
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新 リンク元   ヘルプ   最終更新のフィード
Last-modified: 2010-02-25 Thu 22:55:23 JST (3688d)
Valid XHTML 1.1