伝送路符号形式

(1) 図−1の伝送路符号形式は,(ア*1) 方式といわれる。

  1. CMI
  2. 単流RZ
  3. 単流NRZ
  4. AMI
  5. 複流RZ
  6. 複流NRZ
    Q4-1.PNG

pingコマンド

(2) ネットワークに接続されたWindows端末からpingコマンドを実行したところ図−2のように表示された。この結果から,このネットワークのMTU(Maximum Transmission Unit)値は(イ*2) バイトになる。

  1. 1460
  2. 1472
  3. 1473
  4. 1500
  5. 1528

C:\WINDOWS>ping -f -l 1473 202.247.3.134

Pinging 202.247.3.134 with 1473 bytes of data:

Packet needs to be fragmented but DF set.
Packet needs to be fragmented but DF set.
Packet needs to be fragmented but DF set.
Packet needs to be fragmented but DF set.

Ping statistics for 202.247.3.134:
  Packets: Sent = 4, Received = 0, Lost = 4 (100% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
  Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms

C:\WINDOWS>ping -f -l 1472 202.247.3.134

Pinging 202.247.3.134 with 1472 bytes of data:

Reply from 202.247.3.134: bytes=1472 time=2ms TTL=127
Reply from 202.247.3.134: bytes=1472 time=3ms TTL=127
Reply from 202.247.3.134: bytes=1472 time=2ms TTL=127
Reply from 202.247.3.134: bytes=1472 time=3ms TTL=127

Ping statistics for :202.247.3.134
  Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
  Minimum = 2ms, Maximum = 3ms, Average = 2ms

メカニカルスプライス

(3) 光ファイバ心線の接続方法の一つであるメカニカルスプライスは,光ファイバ端面の突合せ固定が可能な専用の接続部品を用いて,機械的に接続する方法であり,接続部品の内部には,光ファイバの接合面で発生する反射を抑制するための(ウ*3) があらかじめ充てんされている。

  1. 接着剤
  2. 潤滑剤
  3. 剥離(はくり)
  4. 整合剤
  5. コア
  6. UV被覆

MPLS網

(4) MPLS網について述べた次の二つの記述は,(エ*4) 。

  1. MPLS網では,IP網からパケットが転送されてくると網の入口で網内の転送に用いるラベルが付与される。また,MPLS網の出口ではラベルが取り除かれ,IPパケットとしてIP網に転送される。
  2. MPLS網の出入口にあってラベルの付与及び除去を行うルータは,特に,ラベルエッジルータといわれる。
  1. Aのみ正しい
  2. Bのみ正しい
  3. AもBも正しい
  4. AもBも正しくない

ATM網

(5) ATM網では,情報は固定長のセルに分割して伝送している。網内では各セルを伝送する(オ*5) は,セルヘッダのVPIとVCIとによって識別されている。

  1. 物理的な通信路
  2. 論理的な通信路
  3. 時間的な通信路
  4. 空間的な通信路






e-Words

*1 ア:5
*2 イ:4
*3 ウ:4
*4 エ:3
*5 オ:2

添付ファイル: fileQ4-1.PNG 295件 [詳細]
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新 リンク元   ヘルプ   最終更新のフィード
Last-modified: 2010-02-25 Thu 22:55:24 JST (3688d)
Valid XHTML 1.1