VoIP機器

(1) VoIP機器について述べた次の二つの記述は,(ア*1) 。

  1. VoIPゲートウェイには,2線/4線変換,A/D変換,コーデックなどの機能がある。
  2. 一般に,VoIPゲートキーパの受信側では,受信したパケットをバッファメモリに蓄積した後,パケット間隔をそろえてから復号化処理を行う。
  1. Aのみ正しい
  2. Bのみ正しい
  3. AもBも正しい
  4. AもBも正しくない

IEEE802.3ae

(2) IEEE802.3aeにおいて標準化された10ギガビットイーサネットについて述べた次の二つの記述は,(イ*2) 。

  1. 10ギガビットイーサネットの規格では,衝突検出機能のCSMA/CD方式はサポートされておらず,全二重通信のみを行う。
  2. 1 0 ギガビットイーサネットの10GBASE−LX4は,1.31μm 帯の4波を光波長多重化して伝送する規格であり,LAN用の物理層として,シングルモード光ファイバのみが使用され,マルチモード光ファイバは使用されない。
  1. Aのみ正しい
  2. Bのみ正しい
  3. AもBも正しい
  4. AもBも正しくない

IP−PBX

(3) IP−PBXには,それぞれのIP電話機の(ウ*3) と電話番号が登録される。また,IP電話機をLANに接続した場合にDHCPサーバから取得したIPアドレスが,IP電話機からIP−PBXに通知される。

  1. ホストアドレス
  2. ネットワークアドレス
  3. サブネットマスク
  4. ユニキャストアドレス
  5. MACアドレス

雷サージの対策

(4) 雷サージの対策について述べた次の二つの記述は,(エ*4) 。

  1. 雷サージの対策として,一般に,通信用接地,電力用接地の接地間の電位差を無くすため,等電位化対策が行われている。その等電位化対策の一つとして,すべての接地を環状に連接する環状連接接地方式がある。
  2. 架空の光ファイバケーブルは,雷害によるテンションメンバからの放電により,光ファイバが損傷を受けることがあるため,テンションメンバを接地バーに連接し接地しなければならない。
  1. Aのみ正しい
  2. Bのみ正しい
  3. AもBも正しい
  4. AもBも正しくない

ADSLサービスにおける接続シーケンス

(5) 図は,電気通信事業者のADSLサービスにおける接続シーケンスについて,手順等の具体的な例を示したものである。図中(J)の説明の記述で正しいものは,(オ*5) である。

  1. 認証プロトコルを要求する。
  2. PPPセションが確立する。
  3. PPPoEセションが確立する。
  4. IP通信網側のIPアドレスを通知する。
  5. 端末機器に割り当てるIPアドレス情報を返送する。
Q1-5.PNG






e-Words

*1 ア:1
*2 イ:1
*3 ウ:5
*4 エ:3
*5 オ:2

添付ファイル: fileQ1-5.PNG 773件 [詳細]
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新 リンク元   ヘルプ   最終更新のフィード
Last-modified: 2010-02-25 Thu 22:55:26 JST (3649d)
Valid XHTML 1.1