デジタル通信網における同期

(1) デジタル通信網における同期について述べた次の二つの記述は,(ア*1) 。

  1. ビット同期は,受信側において,個々のパルス信号の到達時点を把握するために必要な同期であり,伝送されてきたパルスの繰り返し周波数,位相等の識別を行うために必要な機能である。
  2. 音声の多重伝送において,フレーム同期は,時分割多重されて送られてきた信号を,受信側で分離,識別するために必要な機能である。
  1. Aのみ正しい
  2. Bのみ正しい
  3. AもBも正しい
  4. AもBも正しくない

MSS(Maximum Segment Size)

(2) ネットワークに接続されたWindows端末からpingコマンドを実行したところ図のようなメッセージが表示された。この結果から,このネットワークのMSS(Maximum Segment Size)値は,(イ*2) バイトになる。

  1. 1460
  2. 1472
  3. 1473
  4. 1500
  5. 1528

C:\WINDOWS>ping -f -l 1473 202.247.3.134
Pinging 202.247.3.134 with 1473 bytes of data:
Packet needs to be fragmented but DF set.
Packet needs to be fragmented but DF set.
Packet needs to be fragmented but DF set.
Packet needs to be fragmented but DF set.
Ping statistics for 202.247.3.134:
Packets: Sent = 4, Received = 0, Lost = 4 (100% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms
C:\WINDOWS>ping -f -l 1472 202.247.3.134
Pinging 202.247.3.134 with 1472 bytes of data:
Reply from 202.247.3.134: bytes=1472 time=2ms TTL=127
Reply from 202.247.3.134: bytes=1472 time=3ms TTL=127
Reply from 202.247.3.134: bytes=1472 time=2ms TTL=127
Reply from 202.247.3.134: bytes=1472 time=3ms TTL=127
Ping statistics for :202.247.3.134
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 2ms, Maximum = 3ms, Average = 2ms

PON

(3) 光ファイバを用いたアクセス回線のPONについて述べた次の二つの記述は,(ウ*3) 。

  1. PONでは,電気通信事業者の設備から配線された光ファイバ回線を分岐点において,能動素子を使用してユーザ側に分岐している。一般に,この方式は,能動素子を使用することからアクティブダブルスターといわれる。
  2. PONでは,光スプリッタにおいて電気信号に変換することなくユーザ側のONU(Optical Network Unit)と電気通信事業者側のOSU(Optical Subscriber Unit)間を光信号のまま中継する。
  1. Aのみ正しい
  2. Bのみ正しい
  3. AもBも正しい
  4. AもBも正しくない

IEEE802 .3z

(4) IEEE802 .3zで規定されるギガビットイーサネットについて述べた次の二つの記述は,(エ*4) 。

  1. 1000BASE−LXは,シングルモード光ファィバで,長波長レーザを使用するギガビットイーサネットである。
  2. 1000BASE−Xのオートネゴシエーション機能は,同じ方式間(SX同士,LX同士など)だけを自動的に認識する機能を持ち,動作モードを自動設定する。
  1. Aのみ正しい
  2. Bのみ正しい
  3. AもBも正しい
  4. AもBも正しくない

ATM網

(5) ATM網について述べた次の二つの記述は,(オ*5) 。

  1. ATM網は,コネクション型の通信ネットワークといわれる。
  2. ATM網で転送される情報は,固定長のセルで転送される。情報の転送速度は,単位時間に転送するセル数により決定される。
  1. Aのみ正しい
  2. Bのみ正しい
  3. AもBも正しい
  4. AもBも正しくない






e-Words

*1 ア:3
*2 イ:1
*3 ウ:2
*4 エ:3
*5 オ:3
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新 リンク元   ヘルプ   最終更新のフィード
Last-modified: 2010-02-25 Thu 22:55:27 JST (3649d)
Valid XHTML 1.1