伝送路符号形式

(1) データ伝送で使われる伝送路符号形式のうち,1ビットをパルス有り,0ビットをパルス無しで表現し,かつ,パルス有りのときはパルスの極性を交互にプラスとマイナスに変化させて送出する符号は,(ア*1) 方式といわれる。

  1. 複流
  2. 複流NRZ
  3. ユニポーラ
  4. バイポーラ
  5. CMI

PON

(2) 光ファイバを用いたアクセス回線のPONについて述べた次の二つの記述は,(イ*2) 。

  1. PONでは,電気通信事業者の設備から配線された光ファイバ回線を分岐点において,能動素子を使用してユーザ側に分岐している。一般に,この方式は,能動素子を使用することからアクティブダブルスターといわれる。
  2. PONでは,光スプリッタにおいて光信号を電気信号に変換することなくユーザ側のONU(Optical Network Unit)と電気通信事業者側のOSU(Optical Subscriber Unit)間を光信号のまま中継する。
  1. Aのみ正しい
  2. Bのみ正しい
  3. AもBも正しい
  4. AもBも正しくない

SIP

(3) IP電話で使われるSIPでは,様々なトランスポートプロトコルが利用可能なように設計されているが,(ウ*3) はコネクションを確立する必要がないため,他のトランスポートプロトコルと比較してメッセージ送信までの時間が短いなどの利点がある。

  1. UDP(User Datagram Protocol)
  2. TCP(Transmission Control Protocol)
  3. TLS(Transport Layer Security)
  4. SCTP(Stream Control Transmission Protocol)

ATMセル

(4) ATMでは,セルといわれるブロックを単位として情報の転送が行われる。連続するビット列などのユーザ情報を転送する場合,ユーザ情報は,ATMセルのユーザ情報領域に(エ*4)バイト単位で分割・配置され,ATMネットワーク内では,固定長のセルとして転送される。

  1. 24
  2. 48
  3. 53

pingコマンド

(5) ネットワークに接続されたWindows端末からpingコマンドを実行したところ図のようなメッセージが表示された。この結果から,フラグメント化されずに転送されたデータ長は1,472バイトとなり,このネットワークのMSS(Maximum Segment Size)値を求めると,このネットワークのMTU(Maximum Transmission Unit)値からIPヘッダ長及びTCPヘッダ長の合計,(オ*5) バイトを引いた1,460バイトになる。

  1. 20
  2. 28
  3. 32
  4. 40

C:\WINDOWS>ping -f -l 1473 202.247.3.134

Pinging 202.247.3.134 with 1473 bytes of data:

Packet needs to be fragmented but DF set.
Packet needs to be fragmented but DF set.
Packet needs to be fragmented but DF set.
Packet needs to be fragmented but DF set.

Ping statistics for 202.247.3.134:
  Packets: Sent = 4, Received = 0, Lost = 4 (100% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
  Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms
C:\WINDOWS>ping -f -l 1472 202.247.3.134

Pinging 202.247.3.134 with 1472 bytes of data:

Reply from 202.247.3.134: bytes=1472 time=2ms TTL=127
Reply from 202.247.3.134: bytes=1472 time=3ms TTL=127
Reply from 202.247.3.134: bytes=1472 time=2ms TTL=127
Reply from 202.247.3.134: bytes=1472 time=3ms TTL=127

Ping statistics for :202.247.3.134
  Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
  Minimum = 2ms, Maximum = 3ms, Average = 2ms







e-Words

*1 ア:4
*2 イ:2
*3 ウ:1
*4 エ:3
*5 オ:5
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新 リンク元   ヘルプ   最終更新のフィード
Last-modified: 2010-02-25 Thu 22:55:35 JST (3753d)
Valid XHTML 1.1